強い樹脂での試作・機械部品・機構部品を3Dプリント製作します

一般的に3Dプリント製作したパーツや部品は外観や嵌め合わせを目的として製作する事が多く、強度や弾性を求めたものは少なく、それを求めたものには適しませんでした。

しかし実際は、試作品においても実用においても強い樹脂や弾性の有る樹脂でのパーツ部品に求められる事がたくさんあり、年々そのニーズも増えてきました。そこで登場したのが炭素繊維強化樹脂・プラスチックです。
炭素繊維は「鉄より強くアルミより軽い」と言われるほど
軽く、強度・弾性(鉄と比較すると比重は1/4、強度は
10倍、弾性率は7倍ある)がすぐれています。さらに、
熱や電気の伝導率が高く、耐摩耗性、耐熱性、熱伸縮性、
耐酸性、x線透過率にも優れています。短所としては加工
の難しさ、リサイクルの難しさが有ります。また素材自体
が異方性を持ち、積層方向や破損を受けた場合の破損判断
が難しい。

炭素繊維の強さの秘密は、6っの炭素原子で作られた六
角形が連続して網の目のような形で、ダイヤモンドと組成
が同じで構造がそこし違うだけです。

炭素繊維(wikipediaより)
炭素繊維(wikipediaより)

炭素繊維は軽い、強い弾性・張力、耐摩耗性を生かせして、ロボット部品、医療機器部品、自動車部品、飛行機部品などの歯車、ブラケット、プレート、パイプ、シャーシー、車輪、パネルなどのパーツや部品として使われていす。

その炭素繊維と樹脂を合成して作ったものが炭素繊維強化樹脂です。炭素繊維強化樹脂を3Dプリント製作した部品・パーツは、炭素繊維の特徴を生かし強くて弾性のあるもので少量多品種の試作品や機械部品機構部品の製作に最適で製造時間の短縮とコストの削減が可能となっています。

ジャンボは強い樹脂での試作・機械部品・機構部品を3Dプリント製作を自社内まるごと一貫で行います。しかも迅速・安心・低コストで提供します。

スクリーン炭素繊維強化樹脂3Dプリント製作
スクリーン炭素繊維強化樹脂3Dプリント製作

 

ネジ炭素繊維強化樹脂3Dプリント製作
ネジ炭素繊維強化樹脂3Dプリント製作

ジャンボは炭素繊維強化樹脂3Dプリント製作でのパーツ・部品の製作をはじめとして、さまざまな3Dプリント製作を承っています。例えば

炭素繊維強化樹脂3Dプリント、紙3Dプリント、ABS樹脂
3Dプリント、PLA樹脂3Dプリント、トライボフィラメント
3Dプリント、XT-コポリスチレン(アンフォラ3D)3D
プリント、バキーム(真空)成形金型、3Dデータ化など
何なりとお問い合わせください。

ジャンボの3Dプリントは

電話1本・メール1通でまるごと対応

・まるごと一貫で迅速・安心・便利

・自社内一貫でセキュリティーも安心です

さらに、一貫だからコスト削減でお得

しかも、40年以上の社歴

ISMS情報セキュリティー認証企業です

強い樹脂での試作・機械部品・機構部品を3Dプリント製作についてのお問い合わせは

電話 045-912-2112
Eメール ei@jmb.co.jp
3dプリント製作について詳しくはこちらをクリック