犬、後ろ足(大腿骨)のCT画像データで3D造形製作

犬の後部をCT(コンピュータ断層撮影装置)で撮影した画像データから骨を3D造形製作

犬の後部骨格
犬の後部骨格

下図は犬の後ろ足をCT撮影、3D造形製作したものである。

犬の後ろ足を3D造形
犬の後ろ足を3D造形

この骨の3D造形製作は、犬の後ろ足治療のためCT撮影を行い3DプリンターでABS樹脂を使い足の骨を3D造形製作したものです。出来上がった足骨をもとに先生による患部の症状見立てや手術・治療方法の考察、また犬の飼い主えの病気内容の説明や治療法の説明に利用された。

ジャンボでは人間・動物のCTデータMRIデータから骨や臓器の3Dでの造形製作をいたします。また。人体の部位や動物の3Dスキャニングを行い3Dでの造形製作も承っています。ジャンボの3D造形製作は高品位・短納期・低コストです

動物・骨の3D造形製作につて詳しくはこちらをクリック

動物・骨の3D造形製作についてお問い合わせは

電話 045-912-2112

Eメール ei@jmb.co.jp