風力発電の設置計画に立体地形図

立体地形図が風力発電設置を強力にサポート

風力発電(wikipediaより)
風力発電(wikipediaより)

 

風力発電は地球温暖化や環境汚染問題を受け欧米では活発に建設されるようになった。風力発電での陸上風車は安価な発電源であり、石炭・ガスなどの化石燃料による発電所より安価で、競争力を持っているという。洋上風力発電は陸上より発電が安定し強力で視覚障害はないが、建設維持コストは陸上風力より高くなる。 化石燃料の代替としての風力は、大量で、再生可能で、広域に分布し、クリーンで、稼働時に温暖化ガスを排出せず、少しの土地で発電を行うことが出来る。

風力発電を開始するまでには、いくつもの問題をクリアーし解決ていかねだなりません。それは風力発電設置構想、費用対効果、生活環境への影響、生態系への影響、景観、用地確保、住民説明、事前調査と発電予測、事故などがあります。そこで問題解決に役立つのが立体地図・地形図です。発電設置構想のプレゼン、風洞実験、発電量調査、住民説明などに活躍します。

 

風力発電設備、立体配置模型
風力発電設備、立体配置模型

ジャンボは風力発電設備の模型、発電設備の設置エリアを立体的に地図・地形を製作します。

模型、立体地図・地形図の製作について詳しくはこちらをクリック

模型・立体地図・地形図についてのお問い合わせは

電話 045-912-2112

Eメール ei@jmb.co.jp

立体地図・地形図はさまざまな分野で活用されています

・インフラ整備の計画や工事に
・洪水・土砂災害・津波など危険エリアの把握に
・水資源・地下水調査に
・土木工事・都市開発・道路工事に
・不動産開発・建物のプレゼンに
・観光案内やフライトサービスに
・温暖化、海面上昇でのリスク評価に
・航空機運用でのシミレーションに
・展示物・装飾に
・理科・地理・防災などの教材の
・通信における障害エリアの把握に
・風の流れや風洞実験に
・太陽・地熱・水力の電源開発に
・軍事・防衛の計画やシミレーションに