犬の大腿骨、治療での術前骨格を3Ⅾ作成で説明・手術の可視化

犬の後ろ脚(大腿骨)のCT画像から骨格の3Ⅾ立体骨格を作成・製作

犬の脚、3Ⅾ立体で作成・製作
犬の脚、3Ⅾ立体で作成・製作

犬の骨格は前から頭蓋骨、脛骨、肩甲骨、胸骨、上腕骨、背骨、肋骨、寛骨、座骨、大腿骨、尾椎からなつている。今回は後ろ脚(大腿骨)の治療のため大腿骨をCT撮影、そのCT画像をもとに3Ⅾプリンターで大腿骨をĄBS樹脂で作成・製作した。作られた3Ⅾ大腿骨は、医師から飼い主への説明として、また手術の方針・方法についての検討に使われた。

骨格の3Ⅾ立体作成・製作について詳しくはこちらをクリック

 

3D立体の骨格・臓器についてのお問い合わせは

電話 045-912-2112

Eメール ei@jmb.co.jp

 

ジャンボの3Ⅾ作成・製作は、さまざまなニーズに高品位・短納期で応えます

 

3Ⅾを中核として立体地図、メッキ・塗装、バキューム成形、骨格・臓器、スキャニング
3Ⅾを中核として立体地図、メッキ・塗装、バキューム成形、骨格・臓器、スキャニング

ジャンボは3Ⅾ立体製作を中核として、、日本・世界・地球上のあらゆるエリアの地形・地図をフルカラーの立体地図・地形図を作成・製作、、3D製品の表面を金・銀・銅・クローム・ニッケルなどでの鍍金・メッキ仕上、、3Dからバキューム成形により立体ポスター・立体POP・飛出しPOPなどの製作、、スキャニングからの立体データの作成から立体物の作成・製作や複製化、、CT画像、MRI画像から立体の骨格・臓器を作成しまう。
地図・図面、想像物を立体的に作成・製作することにより「見えてくること」「説明できること」「解ってくること」が沢山あります。立体での可視化は、「一目瞭然」「百聞は一見に如かず」です。

ジャンボの3Dをご利用ください

・デザイン・企画・プレゼンテーションに
・形状・がん合確認、動作検証に
・研究開発・実験のスピードアップに
・臓器・骨格での手術、治療のシミレーションに
・教育での教材・授業用モデル・生物医学研究に
・機械部品・治具・工具に
・一人工場・オリジナル商品に
・ホビー・ゲーム・記念品・贈物・自作品に